• 芝崎菓子店

    いわき市遠野町で4代続く和洋菓子店

    食べた人がほっとするお菓子を提供しております

  • お知らせ

    【新商品】ブッセ

    この度新作のブッセを販売開始しました。
    外サク中フワな生地のなかに黒蜜ときなこがほんのり香る、自家製バターを使ったクリームがほどよく入っています。

    「洋菓子なのに和の感じ」を楽しんでいただきたいブッセです。
    一度ご賞味ください。

    ※商品価格は変更になる場合もございますので、店頭またはお電話等でご確認ください。

  • 遠野まんじゅう

    長くご愛顧いただいております、当店の遠野まんじゅう。

    製菓行程をご紹介します。

    一日のはじまり

    朝5時。蒸し器に火をいれることから芝崎菓子店の遠野まんじゅう作りが始まります。3代目、4代目の夫婦4人が作業場へ集まり、攪拌機で生地に使用する材料を混ぜながら、前日に作って1日寝かせた皮むき餡を作業台に出して準備します。

    皮作り

    生地には100%の国産山芋の粉を使用し、米粉と混ぜます。砂糖を3回に分けて混ぜ込み、機械で撹拌したのち、最後に必ず手で練ります。遠野まんじゅうの皮のふうわり、しっとり感を出すために、手で覚えたベストな密度の状態にする欠かせないひと手間です。

    餡を皮で包む

    動画

    遠野まんじゅうを包餡する作業の様子を動画でご紹介しています。映像がぶれているので少しわかりにくいですが、餡を入れて包んでいく作業中に体でリズムを取っているのが見ていただけるかと思います。

    まんじゅうを蒸す

    添加物を使用していないので、蒸すとまんじゅうは3割ほど膨らみます。ふんわり感の秘訣の1つです。蒸す前に膨らんだ状態をイメージしながらまんじゅうの上部を均等に押して形を整えてから蒸し器に入れます。蒸しあがったら熱を取るためにしばらく時間を置きますが、その時も膨らんだ分がもとに戻らず、まんじゅうが収縮しません。

    包装して完成

    平均で一度に500個ほどの遠野まんじゅうを作ります。

    家族4人でお菓子作りしているため、あうんの呼吸でよどみなく作業が進み、完了します。

    お客様に喜んでいただくことが毎日の活力になっています。

  • 会社概要

    社名:芝崎菓子店

     

    入遠野店

     所在地:福島県いわき市遠野町入遠野前田98

     電 話:0246-89-2286

     

    上遠野店

     所在地:福島県いわき市遠野町上遠野字若宮57-5

     電 話:0246-89-4717

     

    営業目的のお電話は希望しておりません。

     

    営業時間

     午前7時~午後6時

     

    定休日

     水曜日

     

    事業内容

     和菓子、洋菓子の製造・販売

  • アクセス

    入遠野店

  • 上遠野店

  • お問合せ

    当店へのご連絡は下記フォームをご利用ください。